09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ゲーム音楽が好きなあなたへ送る、夏のフュージョン、テクニカルロック特集 

ゲーム音楽でフュージョンと言ったら、コナミ矩形波倶楽部、S.S.T.BANDが代表格というのは常識。他にも様々なゲームでフュージョン系、技巧派なロックインストが結構あります。
ということで、今回はそんなフュージョン系ゲーム音楽が大好きな俺が、一般のフュージョンやらジャズロックやらにカテゴライズされる音楽をご紹介。これを機にフュージョンやジャズロックに興味をもってもらえれば、と思います。まあその逆もアリで、こんなゲーム音楽もあるんだよ、ってのを知ってもらえれば嬉しいです。

まずは、超有名曲から。
ド定番であるT-SQUAREのTRUTHです。F-1でおなじみですが、元は『TRUTH』というアルバムに収録された1曲でした。当時、この曲をF-1のテーマに使用したセンスは本当に素晴らしいですね。
ゲーム音楽では、セガサターンの『F-1 LIVE INFORMATION』がもろにこの曲を意識してますね。サントラは出てませんが、サターンディスクがそのままサントラ代わりになります。
また、伊藤賢治さんのロマサガ3楽曲「術戦車バトル」が、このTRUTHを意識した楽曲となっています。公式ロマサガバトルアレンジ版『Re:BirthⅡ Romancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』での「術戦車バトル」アレンジがもろにTRUTHなアレンジに仕上がっていますね。

TRUTH


F-1 Live Information



術戦車バトルアレンジ




さあ、次もやっぱり超有名曲。

高中正義さんのTropic Birdsです。ライブでの定番曲ですね。
高中さんというとBlue Lagoonが代表曲ですが、Tropic Birdsの方がアウトランっぽい感じなのでこちらを取り上げました。
カシオペアの「朝焼け」などもアウトランに通じるものがありますね。カシオペアのギタリストの野呂一生さんはS.S.T.BANDのアレンジを担当されたこともありますんで、何かと縁があるのかなあ、と。

Tropic Birds


アウトランより Magical Sound Shower


カシオペアの「朝焼け」




次もセガ関連で。
ラリーカールトンバンドのキーボーディスト、グレッグ・マティソンがライブハウス「BAKED POTATO」で行ったライブ音源『Baked Potato Super Live』から、Bomp Meです。ギターはスティーブ・ルカサー!!この名盤も永らく入手困難でしたが、近年紙ジャケで復刻しましたね。

Bomp Me



いやあ、熱い熱い!!それにしてもこの曲、もろにアフターバーナーの「Final Take Off」を彷彿とさせるんですが、この曲を参考にしたんでしょうかね。

Final Take Off


雰囲気的にはこちらも近いものが。ジェフベックのアルバム『GUITAR SHOP』から「SLING SHOT」です。


さあて、そろそろテクニカル系いきましょうか。
近年のテクニカルロック系、プログレ・フュージョン系を聴く人なら誰でも知ってる、元ドリームシアターのキーボーディスト、デレクシェリニアンのソロアルバム『MYTHOLOGY』から「TROJAN HORSE」です。
こういうテクニカル系でゲーム音楽というと、私は真っ先にゼロディバイドを思い出しますね。
他には、やっぱりギャラクシーフォースとか。

Trojan Horse


ゼロディバイドのZEROステージ曲、Waiting for the Sound of Thunder


ギャラクシーフォースのBeyond the Galaxy



そう言えば、セガの並木晃一さんはアラン・ホールズワースの大ファンで、使っているギターもアランと同じ、スタインバーガーですね。
実は筆者がアラン・ホールズワースを知ったのも、並木さんが尊敬するギタリストだったからなんですね。並木晃一ファンとしては、やっぱりルーツを知りたいわけです。
というわけで、アルバム『BELIEVE IT』から「Proto Cosmos」です。これはアランさんのソロ作ではなく、ドラマーのトニーウィリアムスのバンド「THE NEW TONY WILLIAMS LIFETIME」のアルバム。渋いギターソロとメロディがギャラクシーフォースに通じるものがあると思いますが、いかがなもんでしょうか。ベースこそチョッパーじゃないにしても。

アラン氏の超絶技巧を見よ!Proto Cosmosライブ版




取り合えず、ここまで。今回は矩形波フュージョンには触れなかったので、また次回、気が向いたらご紹介しましょう。
スポンサーサイト

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/850-f397f524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)