05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

スウィープレコード注目の発売予定タイトル 

鉄拳タッグ2PLUSのサントラをスウィープレコードの通販で買ったら、チラシが入っていたので何気なく眺めていると…

うおっ!!!
な・か・が・た!!!の・り・お!!!

なんと発売予定に中潟憲雄氏の名前が!!それは『スコルピウス』というX68000のシューティングゲームでした。当ブログ管理人カシマはX68KとかFM-TOWNSとかPCEのCD-ROMとかにはもう本当に疎いもんでして、この『スコルピウス』も初めて聞くゲームタイトル。メガドラにも疎いけども。俺のメインはファミコン、スーファミ、プレステ、サターン、PS2、XBOX360なんで。つまり自分が持っているゲーム機+αといった感じ。あとは結構いい加減。

というわけで、早速Youtubeで探して見つけた。

X68000『スコルピウス』



そもそもX68000が何なのかがわかってないんで、どうしようもないですね。なんか昔のパソコン?みたいな感じですかね。MSXもよくわかってないです。
で、とにかく音楽の方はもう中潟さんらしい激熱プログレ。中潟さんのメロディはもう本当に極上ですね。他のゲーム音楽には絶対にない、スケールの大きい感じというか。特にこれは宇宙なんで、サンダーセプターと聞き比べてみるのも面白そうですね。
で、このゲームはかのゲーメストを発行していた新声社さんのリリースした唯一のゲームだそうです。作曲者は中潟さんと高濱祐輔さん。

もう一つ、チラシにあって目を引いたのは『ギガンデス』。全く見たことも聞いたこともないゲームタイトルです。なにやらアーケードのシューティングゲームのようですが、全然わかりません。

『ギガンデス』



ちょっとショボめ?な感じですが、最近流行の弾幕イケイケ系シューティングのハイスピードでうるさい音楽とは全く違いますね。非常に独特なものを感じます。作曲者は野崎貴朗さんと井上晃さんとのことですが、すみません、存じ上げません。EAST TECHNOLOGYという会社からリリースされたようですが、その会社すら知りません。そういやアーケードにも結構疎いなあ、俺。小さい時はゲーセン=不良のたまり場、ということでゲーセン行かせてもらえなかったんで、アーケードゲームは全然詳しくないです。

さあ、最後に目を引いたのは、きたきたきたきたついに来た!!!
『細江慎治WORKS Vol.3~ドラゴンセイバー』!!やってくれたぜ細江慎治!!!と、つい呼び捨てにしてしまいましたが(笑)それだけ嬉しいんだよ!!
で、気になるのはアレンジ版。当時リリースされた時は米光さんの超絶最高のアレンジバージョンが3曲も収録されていましたが、復活してくれるんでしょうかね。

ドラゴンセイバー米光アレンジ「水没都市」



やっぱり個人的には、細江さんってフュージョン系のメロディアスな音楽に良いものが多いと思う。テクノ系でよかったのって自分にはほとんど無い。『善人シボウデス』ぐらいか。いや、これはもう本当に個人的な話。リッジだって初期の楽曲「RIDGE RACER」はテクノっていうよりはスラップベースバッシバシなフュージョンノリのテクノだったんで好きだったけど、それ以降はふ~ん、って感じ。


ってなわけで、これら三作品はまだ発売日未定ですが、大いに期待出来そうですね。いやあ楽しみ。
で、真女神転生NINEのサントラはまだなんですかね。ずっと待ってるんですけど。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/851-2ac01619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)