05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

今さらフロントミッション・エボルヴプレイ 

なにやら酷評の嵐だった本作。中古でも捨て値で変えました。
で、とりあえずストーリーには全く興味が無いのでムービーは全部飛ばし、ゲームプレイの方はどうかいな?と始めてみました。
特につまらなくもなく、かといって面白くもなく…といった感じで、フロントミッション特有の面白さが無いです。シリーズの名を冠するほどじゃない気がします。ぶっちゃけ先が気になるような面白さが無いです。シンプルシリーズで『THE メカアクション』とかいうタイトルで1500円ぐらいだったら、そこまで酷評するようなゲームじゃなかったんじゃないかな。
で、何がつまらんのか思考した結果を以下に書きます。

・ドンキーミサイルが味気ない
初期フロントミッションのあの、ドンキーが飛んでいく独特の挙動が全く再現されていなくて、すげーショック。ポン、と放り投げたみたいに打ち上げられて、その後まっすぐに敵を貫き、核爆発みたいな爆発を起こすというあの演出が大好きだっただけに、今作のようなただ飛んでいくだけの平凡な演出になってしまったのは悲劇としかいいようがない。

・部位破壊に意味が無い
せっかくフロントミッション特有の部位破壊があるのに、右腕ぶっ壊そうが足ぶっ壊そうが、普通に動くって何よ。これじゃ部位狙う意味がねえじゃん。命中率が低下するらしいですが、実感出来ない。

・四足って何よ
足のパーツで四足があるってのが解せない。それじゃアーマードコアじゃん。

・パンチがつまらん
かなり強い部類に入る打撃機構だが、殴りのモーションが意味不明。フロントミッション1stだと、直線的にぶん殴るモーションだったのに、今作は横殴りモーション。最初見たとき、正面を殴ってるんじゃなくて自機の横を殴ってるように見えた。しかもこれ、当たったんだか当たってねえんだかわかりづらい。距離感も掴みにくい。

・音楽がつまらん
下村&松枝コンビではないので、熱さが全くない。能無しハリウッド系音楽で、楽しくもなんともない。今作のサントラは一応iTunesで配信してるが、買う必要無し。

・ストーリー
筆者としては、ストーリーが面白かったのは1stのみ。あとのシリーズは全て無視しているので、今回も無視。

・人間対人間があるってなによ
ミッションを進行していくと、機体から降りて人間対人間のTPSゲームに早変わり。そんなんいらない。そんなものより、どこのミッションでも自由に機体から乗り降りしたかった。
もし、機体から自由に乗り降り出来るガンハザード仕様で、機甲猟兵として思う存分立ち回れるぐらいのゲーム性があったなら評価は全く違っていただろう。
そういえば、PS2の『装甲騎兵ボトムズ』では、一応機体の乗り降りが自由に出来て機甲猟兵まがいのことは出来たが、せっかくのHR-SATライフルが使えるにもかかわらずパイルバンカーが使用出来ないという激バカ仕様だったために、大いにムカついたっけな。機甲猟兵が実現出来るボトムズゲームは出ないのか…。タカラから出たPS『装甲騎兵ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語』の企画段階ではメロウリンクが登場する案もあったらしいが、ゲームバランスが崩れるということで見送ったそうな。ああ、シュエップス!!

結局のところ、何が悪いかって「演出」。破壊の爽快感も無いしひたすら地味。部位破壊による緊張感も無いし、ダラダラしてる。とにかく欧米特有の大味なゲームになっていて、アクションゲームとしては平凡もいいところ。ただ、メカアクションやりたいけどアーマードコアほど難しくないのがいい、という人にはいいのかもしれませんが。
でもこんなのやるぐらいだったらPS2の『機甲兵団Jフェニックス』の方がいいです。あんまり知られていないロボゲーだけど、『装甲騎兵ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語』と『装甲騎兵ボトムズ ライトニングスラッシュ』の操作方法を継承した操作で、スピード感もあってなかなか面白かった。
スポンサーサイト

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/872-d2c8d739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)