06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

今年もミステリーツアーに行って来た 

8月23日、日本青年館にて行われた稲川淳二ミステリーツアーに今年も行ってきました。これでやっと三回目の参加です。

淳二師匠は20年連続で公演しておられるので私はまだまだ参加歴が浅いですが、怪談というジャンルに関しては人一倍詳しい&うるさいので、全くの怪談初心者というわけではないです。ですので、聞いていても多くの観客のように恐がるだけではなくて、どうしても分析してしまうんですね。そして聞いていて「ああ~これはいい話だなあ」なんて感心しながら聞いてしまいます。
ですから、怪談を聞いていて恐いと思うことはもうありません。それらの話の全ては研究材料でして、お話としてよく出来ているか、整合性がとれているか、落としどころを見極めているか、とかそういう興味で聞いています。まあ珍しいタイプの観客でしょうね(笑)。

で、今回のお話は総じて唐突に終わってしまう話が多く、なぜそこに幽霊が出るのかという場所や時間との因果関係について補足説明するタイプの怪談はほぼありませんでした。ですので、ちょっと消化不良に思えました。
唐突に終わってしまうタイプのものも、それはそれで面白いのですが、話の主人公がその後どうなったのかは、やっぱり気になってしまいます。
また、淳二師匠特有の叫び声や擬音も多用せず、状況を淡々と語るタイプの怪談でした。私の浅いミステリーツアー歴から見て、これは珍しいと思いました。ただ、淳二師匠の「ううぅぅぅうううう~~~!!!」といううなり声と「ぞくぞくと寒気がしてきた」の表現は相変わらずで、そこは安心して楽しめました。「やだなあ、気持ち悪いなあ」は少なかったように感じました。

心霊写真は、今回を入れて三回見てきましたが、今回がいちばん恐かったです。最後に見せられた心霊写真は本当に恐かった。小学生の時夢中になって見て、そして恐くて夜も眠れなかったあの心霊写真の恐さを思い出すような、非常に素晴らしい心霊写真でした。
いやあ、まだまだ心霊写真も捨てたもんじゃないですね。大半は淳二師匠がおもしろおかしく紹介してくれるので笑って見ていられましたが、最後は本当に恐かった。これはやはりライブ会場で実際に見てもらわないとわからない恐さですね。

なんにしろ、やっぱり今年も行って良かったです。もう毎年の恒例行事なので、来年も行きます。川崎クラブチッタでの年末深夜の公演は、いずれ行きたいと思っていますがなかなか休みがとれないので、いまだに行っていません。一度は行っておきたいですが。

で、肝心の話の内容ですが、実はあまりよく覚えていません。適当にタイトルをつけるとこんな感じ。
・廃墟探検の話
・魅力的な女性の話
・ひき逃げの話
・死のマンションの話
・ホテルのバーテンの話
あとなんだっけかなあ…。あ、そうだ。八丈島の七人坊主の話をちょっとしていましたね。七人坊主を語ったわけではなくて、ちょっとした紹介程度でした。
スポンサーサイト

Category: 稲川淳二、怪談ナイト

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/874-f57fb847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)