09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

U.K.「Danger Money」 

最後のスーパーバンドと呼ばれたU.K.のセカンドアルバム「Danger Money」を今頃買いました。プログレファンには有名なアルバムでしょうけど、自分が聴いたのはこれが初めて。この間の『太陽と戦慄』の一件以来、自分はプログレ野郎としてちょっと寄り道しすぎたように思えたので、プログレ野郎として初心に戻って一からやり直し、最近は有名どころを聴くようにしています。

さて、1stの『U.K.(憂国の四士)』はアラン・ホールズワース参加作品なので既に持っていましたが、2ndのこの『Danger Money』はアランもビル・ブルフォードも脱退してしまったので何となく買う気が無くずっと放置していましたが、やっと買う気になったので買いました。
聴いてみると、ほうほうほう、すげえ勢いでプログレですね。どこがどうって、ぶわぁ~ってオルガンとかぶわ~ってシンセとかヴァイオリンとか複雑なリズムとか美しいメロディとかですかね。
何ていうか、プログレのイメージを凝縮しているというか、プログレってこういうもんだろ!?っていう楽曲というか。歌もので美しいメロディだけどリズムが複雑な部分を聴くとYESを思い出しますし、オルガンやシンセがぶわ~ってくるとEL&Pを思い出します。
全体を通して聴くと、桜庭さんの楽曲を思い出します。何故だか知りませんが桜庭プログレっぽく聞こえます。トリオ編成だから?(笑)んなこたないか。でもなんかそれっぽいです。桜庭さんってU.K.の影響が大きいんですかね。まあU.K.ばかりじゃないでしょうけど(当たり前か)。
そう言えば桜庭さんの歌ものプログレ楽曲って無いですね。もしやったらU.K.っぽくなるんでしょうか。

1stでのジャズ・ロックっぽさは完全に無くなって、完全無欠のプログレって感じ。なるほど、こういう方向に進みたかったからアランとブルフォードは脱退したんだな、と。2ndの楽曲にアランのギターが入ってもちょっと違うかな、という気はします。ブルフォードのドラムだとちょっとおとなしすぎる。結果、ドラムにテリー・ボジオが入ったというのは必然だったんでしょう。よりロック色が強いというか。ドラムの音が重たくて、かなりドカバカやってます。

というわけで、桜庭ファンにもオススメの作品です(笑)。

U.K. The Only Thing She Needs



U.K. TV LIVE



U.K. Nothing To Lose


桜庭プログレ炸裂!!の『BEYOND THE BEYOND』のサントラ


スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/877-a541941c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)