07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

燃えよSNK! KOF'94アレンジCD 

非常にいいアレンジが多いのに、あまり取り上げられることのないKOFアレンジCDシリーズですが、これ、現在では考えられないほどの豪華演奏陣によって演奏されています。
ドラマーでは小森啓資(野獣王国、KENSO)、江口信夫、神保彰(CASIOPEA、JINSAKU)、石川雅春(SOURCE、DIMENSION)が名を連ね、ギターはほぼ皆勤賞の梶原順(SOURCE、J&B)、ベースでは桜井哲夫(CASIOPEA、JINSAKU)、美久月千晴、渡辺直樹(スペクトラム)、種子田健、キーボードには難波弘之(SENSE OF WONDER)、吉弘千鶴子(T-SQUARE)、森村献(熱帯ジャズ楽団、オルケスタデルソル)、管楽器勢には小池修(EQ)、外山昭彦、渕野繁雄と、日本のジャズ・フュージョン、スタジオミュージシャンに明るい人ならトップクラスの方々ばかりが参加しているのがわかるでしょう。
ゲーム音楽のCDを広く見渡してみても、これだけの演奏者たちが参加したゲーム音楽というのはなかなか見当たりません。すごいのは、毎回こういったトップクラスのミュージシャンを迎えてアレンジバージョンを継続して作っていたこと。このことからも、当時の人気ぶりが伺いしれます。金あったんだなあ。
そんな熱いアレンジバージョンの中から、特に白熱したサウンドをご紹介しましょう。ゲーム音楽アレンジの枠を超え、立派な「聴かせる」音楽作品として十二分に楽しめる、通好みの楽曲に仕上がっています。フュージョン好き、インスト好きならこの凄さがわかるはず。

しかし残念ながら、どれも廃盤や生産中止で復刻も絶望的。ダウンロード配信すらありません。ただ、当時相当に人気があり、数も相当数出回っていましたので、作品によってはプレミア価格等もなく、かなり安い値段で入手出来ます。カシマの場合は様々な場所のブックオフを地道に回ってほぼ全て250円~1000円程度で入手出来ました。
現在はブックオフも妙なプレミア価格をつけていたりするのでわかりませんが。

で、今回はKOF'94をご紹介しましょう。KOFシリーズ第一弾から結構飛ばし気味で、良いアレンジが多いです。
参加メンバーは以下のとおり。
Key:井筒稔晴
Gt.:和田肇
Bass:泉尚也
Drum:小森啓資
Trumpet:外山昭彦
ゲストボーカル
福井玲子(サイコソルジャーテーマ曲)

当ブログ注目はやっぱり小森啓資氏が参加していることでしょう。なんたってKENSO、野獣王国のスーパーロックドラマー。このアレンジアルバムでも存分に暴れてくれてます。特に「JUNGLE BOUNCER」は聴きモノです。

さて、KOF'94アレンジ盤の聴き所は、旧来のファンには嬉しい「アテナのテーマ」ボーカルアレンジ。しかも歌っているのは福井玲子!アテナ本人が歌ってます。この人のアテナが一番好きです。
その後、元祖萌えアイドルの長崎萌、なんでかさとう珠緒、誰?な栗栖ゆまな、ベテランの池澤春菜と、毎年アテナの声が変わり、その度にアテナの楽曲のアレンジも変わっていきますが、この福井玲子バージョンが一番ベースが強い!!ドラムが熱い!!これは最重要事項です。ベースが強い!!ドラムが熱い!!ギターが熱い!!純朴アイドル声!!その手の音楽が好きな人にはたまらないアレンジです。
もう一度繰り返します。ドラムが熱い!!ベースが強い!!強いったら強い!!低音好き、ドラム好きにはたまらんです。
で、この素晴らしいベースを弾いている泉尚也さんは、素晴らしいソロアルバムも出しています。オフィシャルウェブサイトで試聴も出来ます。カシマは全然知らない人だったのですが、これから注目しようと思います。

サイコソルジャーKOFバージョン


お次はブラジルステージの楽曲「JUNGLE BOUNCER」。
複雑なリズムに、うなるギター、不穏なベースラインと、重々しくも疾走感あるハードロックナンバー。3分過ぎた頃の後半の盛り上がりがたまらない。そして小森啓資氏のドラムが熱い!!!

JUNGLE BOUNCER


お次はイギリスステージ曲「ね!」。明るいホーンをメインに、ハードなギターとファンキーなベースが楽しい曲。もしかしたらゲーム音楽史上最も短いタイトルかもしれません「ね!」(笑)。
この楽曲も小森啓資氏のドラムが熱い!!

ね!


最後は、やっぱりこの曲、日本ステージの楽曲「ESAKA」で締めましょう。
「ESAKA」


他の楽曲もしっかり出来ていて、ちゃんと聴き応えある楽曲に仕上がっています。安値で見かけたら買いです。
スポンサーサイト

Category: 傑作アレンジ発掘

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/880-246842ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)