05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

フレンチプログレの良バンド「Asia Minor」 

最近、iTunesでプログレを探すのが日課のようになってしまいました。探してみると結構あるんですねえ。マイナーなものがざくざく出てきます。CD入手が困難な作品だとか、プレミアついててやたら高かったりした場合や、単に試聴目的でも重宝してます。

そんな中で見つけたのがこちら。フランスのプログレバンド「Asia Minor」です。もしかしたら古くからのプログレ野郎には有名かもしれませんけど、私は全然知りませんでした。何たってプログレ流行ってるときには生まれてもいませんからねえ。
とりあえず聴いてもらいましょうか。

Asia Minorの2ndアルバム『Between Flesh and Divine』より
「Dedicace」


哀愁漂う日本人が好みそうな泣きのメロディーとフルート入りのバンドサウンドっていうのは、キャメルを思い出しますねえ。アコギがジャンジャラ鳴らされるのはジェネシスっぽい雰囲気もあるかなあ。ジェネシスほど派手ではないですけど。
で、ドタバタした展開もなく、一聴してみるとかなり地味な感じがしますけど、じっくり聞き込むに値するシブいサウンドだと思います。なんか「姫神せんせいしょん」聴いてるような感じも。スーファミ時代のRPG系音楽が好きな人にもいいかも。
アルバム全体がこんな感じで、まあどこを聴いてもこんな感じなんで逆にこの雰囲気が気に入ったのならアルバムまるごと目いっぱい楽しめると思います。
1作目の『Crossing The Line』も同じ路線なんですが、もうちょいジェネシスっぽさと日本の歌謡曲っぽさを足したような感じというか。まあ聴いてみてください。

1作目『Crossing The Line』より
「Hayal dolu gnler i‡in」


個人的には2ndアルバムの方が好きですね。

ついでに姫神せんせいしょんのアルバム『姫神』より
「七時雨」



なお、今回ご紹介したアルバムは全てiTunesにて配信中です。気に入ったらぜひどうぞ。
スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/888-b20ffd5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)