08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

MEGATUDO2096オリジナルサントラ 

かなりマイナーなゲームだと思いますが、音楽は隠れた名作。作曲者の佐藤純人(さとう・すみと)氏の詳細は不明ですが、どことなく渡部恭久氏のような哀愁を帯びたメロディとややテクニカルなリズムが面白いですね。
バンプレストのロボット格闘ゲームでカシマは未プレイです。
格闘ゲームでこういった哀愁漂う音楽って珍しいです。恭久氏の作品で言えば『カイザーナックル』と『ファイターズインパクト』が哀愁度高いですね。

メガチュード2096



ちなみに、この動画はサントラとは曲順が異なっています。
オススメの楽曲は「A LA NAGE」。恭久ファンならオススメ出来る、哀愁度の高い楽曲です。
サントラは特にプレミアもついておらず、適当な値段で買えました。
新品はバカな値段がついてますのでご注意を。
MEGATUDO2096MEGATUDO2096
(1996/10/23)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る


渡部恭久氏の名作『ファイターズインパクト』のウルトラ名曲「道-Road-」。ズンタタライブで演奏されたこともありました。


ファイターズインパクトファイターズインパクト
(1996/11/29)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る


で、こちらがそのライブ。


ZUNTATA LIVE 1997~CINETEQUE RAVEZUNTATA LIVE 1997~CINETEQUE RAVE
(1997/10/22)
ゲーム・ミュージック、TAMAYO 他

商品詳細を見る


『カイザーナックル』のウルトラ名曲「SPLENDOR」。なんと、一時期『太鼓の達人』でプレイ出来たことも!


カイザーナックルカイザーナックル
(1994/09/21)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る


で、こちらが太鼓の達人プレイ画面。左隣の「名乗り(天上」)」(未来忍者)も激しく気になりますね(笑)。どちらもゲーセンでプレイした時に、感動に打ち震えながら太鼓をガッツガツぶっ叩きまくったことを覚えています。だって、ねえ(笑)。力入りますよ、そりゃ。


スポンサーサイト

Category: プレステ、サターン期の名盤サントラ

tb 0 : cm 2   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/08 03:09 [edit]

Re: ありがとうございます!

うわわわわ!まさか作曲者ご本人からコメントいただけるとは…!こちらこそ感激です!ブログやってて本当に良かったなあと思います。

ご紹介していただいた音楽、一通り聴かせてもらいました。
特にdymnという楽曲が大変素晴らしく、その攻撃的なサウンドにすっかり魅了されてしまいました。
またplfktというピアノ楽曲では、優しいメロディながらも芯の強さを感じさせる、大空を思わせるような雰囲気が非常に素敵な楽曲だと感じました。これはぜひピアノソロアルバムを出して欲しいです!
ピアノアルバムと言ったら「ヒーリング」というキーワードがすぐに浮かんでしまいますが、きっとそれだけのイメージだけではない、佐藤純人さん独特の流麗なピアノ作品が生まれると、楽曲を聴いていて感じました。
また、この現在の制作環境でメガチュードや銃夢を再びよみがえらせたらどうなるんだろう?とわくわくしながら聴かせていただきました。

ありがたい近況報告と合わせまして、もう一度このブログにて取り上げさせていただきたいと思います。
作曲者ご本人様から直接コメントを頂けるということは、ゲーム音楽ファンとしてはこの上ない喜びです。本当に嬉しいです!どうもありがとうございました!!

カシマ #- | URL | 2014/03/10 01:44 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/918-28c4725c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)