05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

討鬼伝オリジナルサントラに渡辺峨山氏のお名前が! 

渡辺峨山氏は、ゲーム音楽マニアなら何度かお目にかかったことがあると思いますが、覚えている人は少ないと思われます。なぜなら、作曲、編曲で参加されているわけではなく、演奏者として参加されているからです。
信長の野望シリーズや伊忍道などの光栄の作品や、チュンソフトの『風来のシレン』で峨山氏の演奏を耳にしたことがあると思います。また、サントラのブックレットを演奏者も含めてじっくり読むマニアの人なら、きっと何度か目にしていると思います。

私にとっては峨山氏といったら、やはり『信長の野望 覇王伝』での楽曲「慶雲の彼方」での尺八演奏が非常に印象深く、その名前の響きのかっこよさもあって何となく覚えてしまった名前でした。
そして、今回の討鬼伝にも参加しているのを見て『お~峨山さんかあ、やってるなあ~』と妙に嬉しく、そして懐かしく思いました。
で、ちょうど良い機会なので渡辺峨山氏についてちょっと調べてみたことを書いていこうと思います。おそらく、ゲームサントラを扱っているブログで峨山氏を紹介しているブログはうちだけだと思います。えっへん(ちょっと自慢)。


さて、渡辺峨山氏とはいかなる人か?

ホームページ「音楽舎にしき(URL=http://www31.ocn.ne.jp/~gazan/)」を参考にし、ゲーム音楽に関連して言うと、光栄との関わりが多いです。信長の野望シリーズでは、全国版、武将風雲録、覇王伝、天下創世に参加しているようです。まあ光栄関連作品で和楽器入っていたらこの人がいる、と思っていいかもしれませんね。他には『伊忍道』『戦国無双』『戦国無双KATANA』『戦国無双3』『戦国無双3Z』『戦国無双Chronicle』に参加しているようです。邦楽監督兼演奏者として参加しているみたいです。

自身のバンドも存在し、一つは「筝座」というバンド。インストポップな感じで、純邦楽の持つ雅な雰囲気とポップ・フュージョンな雰囲気が融合した、何とも面白いバンドです。アルバムは『KOTO・ZA』『ノスタルジア』『竹取物語』の三枚。
もう一つの「空海」というバンドも似たような感じですが、もうちょっとジャズっぽい洒落た感じですね。アルバムは自主制作で『砂漠に沈む陽』と、普通のお店で扱っている『KODAMA』の計2枚。
もう一つは「JPSS~Japan Swing Stars~」という邦楽ジャズバンドを率いて演奏しているそうです。こちらはまだCDは出ていないみたいですね。

筝座のアルバム『KOTO・ZA』より「街角で拾った午後」。お洒落なタイトル通り、軽快で心地よい音楽。普段は厳かな雰囲気のある邦楽器ですが、こうして聞くとまるで別の楽器のように聞こえてきます。
テレ東の『和風総本家』で使用されていたみたいですね。知らんかった…。



空海のアルバム『KODAMA』収録曲「Rain Dance」などなどのライブ動画。こういうフュージョン音楽ってありそうでなかなか無いんですよねえ~。素晴らしい!!




あとは色々な演奏会やツアーなどに参加している人でもあり、有名どころでは米米クラブのアルバム『オクターブ』、ZABADAKのアルバム『桜』に参加しているみたいです。その他、和楽器が必要になった時にはどこからともなく現れる、尺八ヒーローな方のようですね(笑)。
和楽器を使用していながらもあらゆる音楽ジャンルに対応出来るような器用な人、となるとこういったジャンルを越えて活躍している人がどうしても必要になってくるわけです。そこで峨山氏に声がかかる、と。
オリジナルアルバムが非常に少ない人ですが、これからも精力的に活動していって欲しい人です。バンドでもソロでも峨山氏のアルバムでたら買うと思います。


他に和楽器奏者でジャンルを越えて活動している人というと、カシマは能楽一噌流笛方の一噌幸弘氏を思い出します。ってか他に知らないです(笑)。あ、東儀秀樹とかいましたね。まあいいや。
一噌さんはまたいずれご紹介しようと思います。ゲーム音楽にも参加してますしね。ほんのちょっとだと思いますけど。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽(オケ系)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/943-c0a38030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)