08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

日本怪異妖怪大事典購入 

妖怪好きなら知らぬ人のいない小松和彦監修の『日本怪異妖怪大事典』を購入しました。2013年7月20日初版発行、定価は18000円。東京堂出版より刊行されています。妖怪好きならば必携でしょう。

編集委員は、小松和彦、常光徹、山田奨治、飯倉義之。
その名の通り、怪異、妖怪が50音順に掲載されています。都市伝説の項目もあり、当ブログ管理人カシマの名前の由来でもある「かしまれいこ」の項目もちゃんとあります。有名な口裂け女、てけてけ、花子さんから理科室の標本まで(笑)現代の怪異と妖怪たちも掲載されているのが良いですね。
そうそう、『源平討魔伝』好きにはたまらない平景清の項目もありますよ!!知ってびっくりです。
人形浄瑠璃に『出世景清』というのがあって、それが源平討魔伝の元になった、という話はWikiかどっかで見ましたが、源平スタッフは『出世景清』を知ったのがきっかけで各地の景清伝説に触れて、それらが『源平討魔伝』の下地になっていったのではないかな、と思います。
『出世景清』では、源頼朝の情けを受けて、もう二度と頼朝に復讐心を起こさぬようにその両目をくりぬく場面があるのですが、こちらの事典によると源氏の繁栄を見るに耐えかねてえぐったという伝説があるそうで…。
同じ両目をえぐるにしても、動機が全く違いますよね。かたや悔い改めて、かたや呪いに呪うという…。すっげえ……。そんな怨霊の中の怨霊である景清を主人公にしちまうなんて、やっぱナムコはすげえや!ってか源平プロが凄すぎたんでしょうね。
他には、平将門様、菅原道真公も出てます。
将門様は東京の神田明神に祀られておりまして、余談ですがカシマはここ数年、毎年神田明神にお参りに行っています。道真公は神田明神からすぐ近くの湯島天神ですね。


なお、事典ですので、個々の怪異や妖怪にまつわるハナシをこと細かく掲載しているわけではなく、あくまで研究結果に基づいた、それぞれの項目に対する説明と2,3の事例の紹介なので、単なる怪談好きな人には退屈かもしれません。
日本怪異妖怪大事典日本怪異妖怪大事典
(2013/07/12)
小松 和彦、 他

商品詳細を見る


各項目を眺めてるだけでも面白いのですが、ここから各項目をさらに詳しく調べるとっかかりとして活用しても良いかもしれませんね。

また、国際日本文化研究センターでは、「怪異・妖怪伝承データベース」と「怪異・妖怪画像データベース」が公開されていますので、そちらもあわせてどうぞ。
URL→http://db.nichibun.ac.jp/ja/
スポンサーサイト

Category: 都市伝説

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/955-5aa3f9b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)