07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

すぎやまこういちのキレ味鋭い弦とブラスが炸裂!!『交響組曲サイボーグ009』 

すぎやま先生と言ったらドラゴンクエスト?

いえいえ、バババババッ!!!!

パラパパッパ~!!
なのです。
なんと言ってもバババババッ!!!!

パラパパッパ~!!
なのです。

イデオンでバババババッ!!!!
マシンハヤブサでパラパパッパ~!!

ドラゴンクエストに
バババババッ!!!!
はありますか?
ええ、確かにドラゴンクエストの戦闘曲でありますね。でもちょっとキレが足りないんだなあ~。
パラパパッパ~
は?
これはありませんね。
しかし、『交響組曲サイボーグ009』には、あるのです!血湧き肉踊る、勇壮で華麗にしてキレ味鋭い、あのすぎやま先生十八番の
バババババッ!!!!
が!!
残念ながら
パラパパッパ~!!
はありませんけど。

これよこれ!!と思わず拍手喝采です。
ドラゴンクエストの壮大なスケールの序曲や街の曲、寂しげなフィールド曲ももちろん大好きですが、この
バババババッ!!!!
がやっぱり聞きたいわけですよ。すぎやま先生のバババババッ!!!!が。
キレッキレのあの弦の響きとブラスの応酬が!小気味良いドラムが!!
菊池俊輔先生の楽曲が好きな方ならおわかりでしょう、この魅力が!!!
ドラクエもぜひ、こういうアレンジで演奏してもらいたいものです。なんでオケ演奏ばっかなんだろう。
『組曲 ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』でのドラクエⅡアレンジが、それっぽいオケ+バンドサウンドなイージーリスニングアレンジになってるんですけどね。全作これでアレンジして欲しいのになあ。
ちなみに都響版とお間違えのないように。そっちは『交響組曲ドラゴンクエスト』シリーズですね。

さあ、まずはそんな魅力特大のバババババッ!!!!を聞いていただきましょう。
平尾昌晃作曲の主題歌「誰がために」を、すぎやまこういち先生がバババババッ!!!!っとアレンジした最高の楽曲!!こりゃあたまらん。
原曲ももちろんバババババッ!!!!してますしそれと一緒っていっちゃあ一緒なんですが、こっちはもっと浪漫溢れるアレンジになっています。すぎやま先生の魅力がぎっしり詰まった名曲です。
↓『交響組曲サイボーグ009』より、エピローグ=未来


ど~うですか!!バババババッ!!!!してますね?このキレ味こそがすぎやま先生の最大の魅力なのです。

そしてこちらがオープニング「誰がために」。石ノ森ヒーローは常に孤独なのです。そして監督は高橋良輔。熱くならないほうがどうかしてます。残念ながら今回ご紹介している『交響組曲サイボーグ009』には収録されていません。
↓平尾昌晃作曲、すぎやまこういち先生編曲、歌うは成田賢!


ついでですから、イデオンも聞いてもらいましょう。
↓私の愛してやまない『伝説巨神イデオン』のオープニング。


気づきましたか?当然気づきましたね。いいや気づいたはずです。歌の後半部「ふっか~つ~の~と~き~」の部分で
バババババッ!!!!ってるのを!!あなたは聞きのがしてはいませんね?
しかも高速バババババッ!!!!です。こんなキレッキレのバババババッ!!!!は、すぎやま先生の作品でも珍しいです。
そして最後に、たいらいさおさんが平和に「イ~デ~オ~ン~」と歌った直後、なんと4回も!!!バババババッ!!!!がやってきます。
そこへさらに、すっばらしいドラム演奏がやってきて楽曲を締めています。
イデオンはもうバババババッ!!!!づくしなんですね。もうバババババッ!!!!好きにはたまらない代物となっています。永久リピートです。


ハイになってきたところでもう一曲ご紹介。こちらは冒頭で触れたマシンハヤブサの主題歌。水木一郎の暑苦しい歌声にのせて、すぎやま先生はあくまでクールにパラパパッパ~!!をキメてくれています。これはもはや和モノレアグルーブとして紹介しても良いでしょう。

↓マシンハヤブサの主題歌「ダッシュ!マシンハヤブサ」。水木が「マシンはぼくだあ~~~!!」と叫ぶ後と、「ダ~ッシュダ~ッシュ!!」と叫ぶ後にすぎやま先生独特のパラパパッパ~!!が効果的に入ってきます。さらに随所でキレ味するどいホーンが入ってきたり、華麗な弦の響きが聞こえてきたりします。なんという名曲。お子様コーラスが邪魔に思えるのは私だけでしょうか。



さて、今回ご紹介したアルバム『交響組曲サイボーグ009』は1200円で再発されているので簡単に手に入りますが、実はこのアルバムの曲とテレビ音源の両方を収録したアルバムがあります。それが『石ノ森章太郎萬画音楽大全6 サイボーグ009 オリジナル・サウンドトラック2』です。もちろん主題歌もバッチリ入ってます。
このCDは再発も無く、若干プレミアがついていたりしてちょっと手に入りにくいです。うらめしい。

イデオンは4枚組みで近年サントラが出ましたんで手に入りやすいです。マシンハヤブサは主題歌だけすぎやま先生で、劇中曲は筒井広志氏。サントラは出てないみたいですね。

ドラクエは方々で紹介されているので、すぎやま先生のこうしたドラクエ以外の作品にスポットを当てていこうと思っております。以上、すぎやま先生再評価熱が高まっている管理人カシマがお送りしました。それでは
バババババッ!!!!
スポンサーサイト

Category: アニメ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/987-9c75b890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)