09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

PSVita『フリーダムウォーズ』のサントラが発売中 

KENSOのニューアルバムと一緒に買いました。だからって『フリーダムウォーズ』がプログレっぽいってわけじゃないですので。念のため。

ゲームの方もプレイ中ですが、いやあなかなか手ごわい。すぐ死にます。仲間もすぐ死にます。死にまくります。すっげームカつきますが、これこそ俺の求めていたゲーム!!手ごわいゲームほど燃えます。しかもゴッドイーターシリーズと同じく、上手く装備を選んで、仲間への指示を的確にして上手く立ち回れば、勝てます。ただ、武器が強くないとなんともならん時が多いですけど…。まあそれはその他のアクションゲームと一緒ですね。

さて、音楽の方はテクノ+ロック+なんかよくわからん=フリーダムウォーズ!って感じ。よくわかりませんね?言ってる私も何言ってるかわかりませんが、とにかくノリはよろしい。
1曲5~6分くらいあって、1曲1曲丁寧に仕上げられています。ディスク3枚組で目いっぱい楽しめます。
ちょっと洋ゲーFPSみたいな無機質な雰囲気もあって、非常にかっこいい。特にディスク1の10曲目「A-1 System」はゲーム内ではガソリンで流れるBGMですが、ゲームに流れてた時からすごくかっこいいと思っていて、こうしてサントラであらためてフルサイズ聴けるのは非常に嬉しい。やっぱサントラは出さないとダメですよ。ゴッドイーター2はサントラ出てないですからねえ。
「A-1 System」は、スラップベースとギターの音がかっこよく、ちょっと鉄拳シリーズみたいな雰囲気もある、デジロックな楽曲。こういうタイプの曲って、ず~っと聴いていられますね。
ディスク2の3曲目「Upgrade」はボランティア成功後のアイテム取得画面での曲ですが、これもしっかり3分以上あって大変満足。こういう曲って大体1分ぐらいで終わらせてしまうゲームが多いのですが、本作品はしっかりと丁寧に作られています。素晴らしい。音楽作品として成立させようとしています。こういう良いところはゴッドイーターからもちゃんと受け継がれていますね。
ゲームを知らなくても、鉄拳シリーズの5以降や洋ゲーの硬派テクノ+ロックな雰囲気が好きなら聴いてみて欲しいですね。

作っている人は足立賢明氏。足立さんは『バトルギア4』でのゴリゴリのハードロック、『XI』『グランツーリスモ5』でのメロディアスなテクノ、『アディのおくりもの』でのピアノの美しい曲等々、色んなタイプの楽曲を提供している作曲家。
今回はデジタル+アナログの融合ということで、派手めのオケあり、テクノあり、ロックありと様々な状況に応じた楽曲を作られています。
ボーカル楽曲は一切ないのですが(例の貢献推進楽曲は未収録)、それがまた無機質な『フリーダムウォーズ』の世界観を上手く表現していて、これは今年のベストゲームサントラの1作に数えられるでしょう。ゲームをプレイした方ならもちろんオススメですが、ゲームを知らずともオススメです。

↓足立賢明さん作曲の『アディのおくりもの』エンディングテーマ。美しいです。これがサントラ化してないなんて、世の中何かが間違っている。


↓こちらはメインテーマ。オルゴールの音にバンドサウンド、っていうのも珍しい。名曲です。


↓こちらは『バトルギア4』より。ガンガンなハードロックにサックスが入って、ハードなフュージョン楽曲に仕上がってくれちまいやがっています。熱いったらありゃしない。


↓で、これが今回のサントラに未収録の「Let's貢献~恋の懲役は1,000,000年~」。確かにサントラに収録してしまうと流れが悪くなるなあ~。シングルとかダウンロード販売とかして欲しいですね。


↓もう1曲は「パノプティコン労働歌 第一」。これもいずれ販売して欲しいですね。
スポンサーサイト

Category: 今ゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/993-c6d0c982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)