09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

『機甲創世記モスピーダ』が配信だって~! 

なんとな~く久石譲の音楽が聴きたくなってiTunesを徘徊したら、もうすっげえびっくりしました。
なんと『機甲創世記モスピーダ』のサントラがしれっと配信されているではありませんか!!
目をカッと見開いてマジマジと見入ってしまいました…。
こんなマイナーアニメのサントラが、突然の配信。さっぱり意味がわからん…。この勢いでもしかしたらテクノポリス21cもあるかな~と思ったら、当然のごとくありませんでした。そりゃそうか。
iTunesが開きます→機甲創世記モスピーダ
ただ、残念ながらVol.1のみ。過去にはサントラが三枚発売され、後に1~3が全て入ったCDも発売されたのですが、そちらの方は廃盤、プレミアつき、と。
まあでも一枚だけでもこうして聴けるようになったのはありがたい。ぜひとも2,3と配信してもらいたいものですが…配信の基準がさっぱりわからん。
サンライズ系のアニメの主題歌だけだったら結構配信してますね。ダグラム、ボトムズ、ダンバイン、エルガイム、ザンボット3、ダイオージャ等々……。ウィッチハンターロビンの「Shell」も配信してますね。
この辺の作品の主題歌は「~パック」として、主に主題歌とエンディングテーマがシングルとして配信されてます。バンダイチャンネルセレクション、というシリーズのようです。
なので、結構な数がありますね。リストにしてみようかしら…。

でも、なぜにモスピーダが…?
よく調べたら、アニソンレーベルのFlyng Dogが過去の名作アニメのサントラをハイレゾ音源で配信しているようで、その一環のようです。ハイレゾ音源バージョンは別サイトで、普通の音質はiTunesやAmazonで、ということみたいです。
そのラインナップが色々凄い。
マクロス、マクロスプラス、マクロスF、エスカフローネ、アクエリオン、メガゾーン23、クラッシャージョウ、ウィンダリア、ファイブスター物語、トップをねらえ!、トライガン、WOLF'S RAIN、ぼくの地球を守って、ガオガイガー、ラーゼフォン、ロードス島戦記、MEMORIES、NOIR、0083、佐橋俊彦さんのSEEDとSEED DESTINY、ブレンパワード、攻殻機動隊(菅野よう子の方ね)、イノセンス、カウボーイビバップとまあまあ凄いこと!!
ってかほとんど全部サントラ持ってるよ!俺!!
意味ねえじゃん(笑)
いや、でもこのラインナップでなんでモスピーダ……?メガゾーン23とクラッシャージョウも嬉しいけど、モスピーダ…?まあ久石譲だし、隠れた名盤であることは確かだが……。なんかものすっごい浮いてるような…。

Category: アニメ

tb 0 : cm 2   

クール&スタイリッシュなアニソンセレクション(日本語詩編) 

さて、予告どおりやりましたが…曲数が少ないような。
まあアレです。これぐらいしかアニメは知らん、ということで勘弁してつかぁさい。
いや他にもいっぱい知ってはいますし、好きなアニソンはたくさんありますが、クールでスタイリッシュなのを選んでいったらこのぐらいにしかならなかったという…。

前回の英詩編と作品が被りますが、まあしょうがない。


うちのブログでハズせない作品その二、ウィッチハンターロビンが入ってます。ボソ声の瀬名ロビンちゃんは俺のアイドルです。

Category: アニメ

tb 0 : cm 0   

クール&スタイリッシュなアニソンセレクション(日本語以外) 

当ブログ管理人カシマは、ゲーム音楽蒐集家であると同時に、アニメサントラと主題歌CDもそこそこ集めています。

主に集めているものは90年代のOVA作品や70年代のクロスオーバー系統のサウンドトラック。2000年代でもちょいと小粋なサウンドであれば買っています。
主題歌の方は、タイアップ曲には一切興味が無く、純粋にその作品の為につくられた歌じゃないとダメです。ただ、タイアップ曲とはいえ作品にバッチリ合ってれば構わないんですけどね。まあそうじゃない場合が多いです。なんにしろ、作品に合ってないと意味がないです。

アニメは全く見なくなりましたが、音楽だけは集めているというような状況です。
そんな手持ちのCDの中から、クールでスタイリッシュなアニメソングをご紹介。特に音楽ジャンルにはこだわっていませんので、色んな雰囲気のサウンドをお楽しみいただけるかなあ、と思います。
何しろアニメは見てないので、大体が10年ぐらい前のものから、古いものだと30年ぐらい前のものまで、時代も様々。

今回は日本語以外でセレクトしています。日本語歌詞のものは次回に。



当ブログでは、やっぱりlainは欠かせません。

Category: アニメ

tb 0 : cm 2   

『太陽の船ソルビアンカ』 

なんとなくYoutubeを徘徊して見つけたアニメ。パイオニアLDC制作だそうで、これは面白そうです。
例によってまずはサントラを購入。
フルオケが舞い、ギターが響くサウンドはこれぞ劇伴!!個人的に、やっぱ劇伴はこうじゃなきゃ!と思います。こういういう編成がいちばん好き。

↓サントラ2曲目「太陽の船ソルビアンカ」。か~っこいい~~!!!


作曲者は長岡成貢。存じ上げなかったので調べたら、アニメでは『ストライクウィッチーズ』『宇宙のステルヴィア』『天地無用』『神秘の世界エルハザード』『To Heart』などを手がけておられるんですね。うわあ全部見たことねえや!
個人的にパイオニアLDCといったらもう『serial experiments lain』なんで。

↓ソルビアンカオープニング。ラジオのスイッチをひねって始まるオープニング、というのがもうかっこいい!!いやあこれぞパイオニアLDCアニメ!!スタイリッシュでかっこいい演出ですねえ~。


↓PCエンジンのソルビアンカ。こっちはプログレっぽい音楽で、これもまたかな~り良いですね。


で、アニメの方のソルビアンカも見たいなあと思ったら、2014年の12月22日から「RONDE ROBE Selection」と題して、パイオニアLDC時代のアニメを廉価版DVDシリーズとして毎月4,5タイトルずつリリースするとのこと。その中のラインナップに『太陽の船ソルビアンカ』もあったので、買おうかな、と。発売日は4月予定です。
で、さらに調べたら、ソルビアンカってNECアベニューからでたOVAが大元なんですね。こちらは2作あって、2作品収録されたDVDが出てますが、例によってプレミアついてます。これも再発して欲しいですね。

旧ソルビアンカ。いいなあ、こういうノリ。今はなかなかないですねえ、こういうの。


こっちの方は声優さんが凄い!
松岡洋子さんということでテイタニア!!渕崎ゆり子さんということでえび剥き屋!!高山みなみさんということで味っ子!!そして伊藤美紀ちゃん&佐久間レイさまというダブルお姉さま共演!!かなり面白いメンバーですねえ~。
そして陰陽師!!青野武!!!おお~~~!!
もう、声を聞いているだけでも面白い作品です。

さて「RONDE ROBE Selection」のラインナップは、『天地無用』シリーズ、『モルダイバー』、『機神兵団』、『神秘の世界エルハザード』、『THE 八犬伝』、『ARMITAGE III』、『バトルアスリーテス大運動会』、『魔法少女プリティサミー』で、計21タイトル。
公式ホームページはこちら→http://www.nbcuni.co.jp/index.html
でもこの廉価版シリーズに関してなんも載ってないですね。ウエダーブレイク!心臓いてえ。

公式ホームページにはこれから発売するブルーレイボックスの情報などもあって、眺めていたらびっくり。
わあ~!!!マリア様のブルーレイコンプリートボックスが…!12月19日に発売みたいですわ、お姉さま!
…かつてハマっていた俺としてはこれは欲しい…。
しかもサントラ3枚つきで新規CDも2枚、ファンディスクも3枚!おまけにひびき玲音(”れいん”じゃなくて”れいね”)の画集もつくし、こりゃあすげえ。
まあでも、そこまでご大層にしなくてもいいんですけどね、俺は。この作品に関しては、映像が見られればそれでいいって感じなんで。
これがボトムズだったら間違いなく買ってますけどね!

Category: アニメ

tb 0 : cm 0   

すぎやまこういちのキレ味鋭い弦とブラスが炸裂!!『交響組曲サイボーグ009』 

すぎやま先生と言ったらドラゴンクエスト?

いえいえ、バババババッ!!!!

パラパパッパ~!!
なのです。
なんと言ってもバババババッ!!!!

パラパパッパ~!!
なのです。

イデオンでバババババッ!!!!
マシンハヤブサでパラパパッパ~!!

ドラゴンクエストに
バババババッ!!!!
はありますか?
ええ、確かにドラゴンクエストの戦闘曲でありますね。でもちょっとキレが足りないんだなあ~。
パラパパッパ~
は?
これはありませんね。
しかし、『交響組曲サイボーグ009』には、あるのです!血湧き肉踊る、勇壮で華麗にしてキレ味鋭い、あのすぎやま先生十八番の
バババババッ!!!!
が!!
残念ながら
パラパパッパ~!!
はありませんけど。

これよこれ!!と思わず拍手喝采です。
ドラゴンクエストの壮大なスケールの序曲や街の曲、寂しげなフィールド曲ももちろん大好きですが、この
バババババッ!!!!
がやっぱり聞きたいわけですよ。すぎやま先生のバババババッ!!!!が。
キレッキレのあの弦の響きとブラスの応酬が!小気味良いドラムが!!
菊池俊輔先生の楽曲が好きな方ならおわかりでしょう、この魅力が!!!
ドラクエもぜひ、こういうアレンジで演奏してもらいたいものです。なんでオケ演奏ばっかなんだろう。
『組曲 ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』でのドラクエⅡアレンジが、それっぽいオケ+バンドサウンドなイージーリスニングアレンジになってるんですけどね。全作これでアレンジして欲しいのになあ。
ちなみに都響版とお間違えのないように。そっちは『交響組曲ドラゴンクエスト』シリーズですね。

さあ、まずはそんな魅力特大のバババババッ!!!!を聞いていただきましょう。
平尾昌晃作曲の主題歌「誰がために」を、すぎやまこういち先生がバババババッ!!!!っとアレンジした最高の楽曲!!こりゃあたまらん。
原曲ももちろんバババババッ!!!!してますしそれと一緒っていっちゃあ一緒なんですが、こっちはもっと浪漫溢れるアレンジになっています。すぎやま先生の魅力がぎっしり詰まった名曲です。
↓『交響組曲サイボーグ009』より、エピローグ=未来


ど~うですか!!バババババッ!!!!してますね?このキレ味こそがすぎやま先生の最大の魅力なのです。

そしてこちらがオープニング「誰がために」。石ノ森ヒーローは常に孤独なのです。そして監督は高橋良輔。熱くならないほうがどうかしてます。残念ながら今回ご紹介している『交響組曲サイボーグ009』には収録されていません。
↓平尾昌晃作曲、すぎやまこういち先生編曲、歌うは成田賢!


ついでですから、イデオンも聞いてもらいましょう。
↓私の愛してやまない『伝説巨神イデオン』のオープニング。


気づきましたか?当然気づきましたね。いいや気づいたはずです。歌の後半部「ふっか~つ~の~と~き~」の部分で
バババババッ!!!!ってるのを!!あなたは聞きのがしてはいませんね?
しかも高速バババババッ!!!!です。こんなキレッキレのバババババッ!!!!は、すぎやま先生の作品でも珍しいです。
そして最後に、たいらいさおさんが平和に「イ~デ~オ~ン~」と歌った直後、なんと4回も!!!バババババッ!!!!がやってきます。
そこへさらに、すっばらしいドラム演奏がやってきて楽曲を締めています。
イデオンはもうバババババッ!!!!づくしなんですね。もうバババババッ!!!!好きにはたまらない代物となっています。永久リピートです。


ハイになってきたところでもう一曲ご紹介。こちらは冒頭で触れたマシンハヤブサの主題歌。水木一郎の暑苦しい歌声にのせて、すぎやま先生はあくまでクールにパラパパッパ~!!をキメてくれています。これはもはや和モノレアグルーブとして紹介しても良いでしょう。

↓マシンハヤブサの主題歌「ダッシュ!マシンハヤブサ」。水木が「マシンはぼくだあ~~~!!」と叫ぶ後と、「ダ~ッシュダ~ッシュ!!」と叫ぶ後にすぎやま先生独特のパラパパッパ~!!が効果的に入ってきます。さらに随所でキレ味するどいホーンが入ってきたり、華麗な弦の響きが聞こえてきたりします。なんという名曲。お子様コーラスが邪魔に思えるのは私だけでしょうか。



さて、今回ご紹介したアルバム『交響組曲サイボーグ009』は1200円で再発されているので簡単に手に入りますが、実はこのアルバムの曲とテレビ音源の両方を収録したアルバムがあります。それが『石ノ森章太郎萬画音楽大全6 サイボーグ009 オリジナル・サウンドトラック2』です。もちろん主題歌もバッチリ入ってます。
このCDは再発も無く、若干プレミアがついていたりしてちょっと手に入りにくいです。うらめしい。

イデオンは4枚組みで近年サントラが出ましたんで手に入りやすいです。マシンハヤブサは主題歌だけすぎやま先生で、劇中曲は筒井広志氏。サントラは出てないみたいですね。

ドラクエは方々で紹介されているので、すぎやま先生のこうしたドラクエ以外の作品にスポットを当てていこうと思っております。以上、すぎやま先生再評価熱が高まっている管理人カシマがお送りしました。それでは
バババババッ!!!!

Category: アニメ

tb 0 : cm 0   

ジブリファンにはスルーしてほしい記事「スタジオジブリの長編アニメ全作品の感想」 

初めに断っておきますが、ジブリ作品は好みではなく、ほとんど見ません。見ても記憶に残っていません。じゃあなんでこんな記事書くの?と問われたなら「なんとなく。てへへ」と答えるだけです。

それではいってみましょう。

『風の谷のナウシカ』
1984年3月11日公開。
スタジオジブリ設立前の作品だが、宮崎駿監督作品ということでその他のスタジオジブリ作品と一緒くたにされてるので取り上げた。
オーム?とかいう虫が大量に出てくるので大嫌いな映画。今でも嫌い。虫ぎらいの俺には耐えられない。
それと、最後の方のシーンでナウシカがオームに跳ね飛ばされるのをみて「この子、何やってんの?」と思って急激に興味を無くした。あのシーンは気に食わない。
イメージアルバムに収録された、安田成美のくっそ下手な「風の谷のナウシカ」を聴くと妙に癒される。

『天空の城ラピュタ』
1986年8月2日公開。
チビ太&ドラミの異色コンビがバズーカをぶっ放すアニメ。
小さい頃は大好きで、テレビ放映される度に見ていたはずなのだが、どれ一つ記憶に残っていない。なぜだろう。
音楽と主題歌は今でも好きだが。

『となりのトトロ』
1988年4月16日公開。
メイとサツキ?が遊んで歩いて、糸井重里の父親役が意外にハマっているアニメ。トトロのキャラクターで売れたアニメ、という印象しかない。
あの主題歌を聴くと頭が痛くなってくる。完全に幼児向け。
音楽は好き。

『火垂るの墓』
1988年4月16日公開。なんとトトロと二本立て。トトロを見に来た家族に、戦争について考えさせるためにこうしたのかね?
取りあえず、戦争ってやだなあ、怖いなあ、っていう映画。毎年終戦の日が近づくと放送する風物詩のようなもの。小学生ぐらいのうちに見て、戦争について考えるきっかけにでもなればいいのかもしれない。
楽しんでみるものでは、決して無い。

『魔女の宅急便』
1989年7月29日公開。
魔女が宅急便するという、そのまんまな映画らしい。高山みなみが少女役という珍しい映画。見ていて途中で飽きた。
ユーミンの歌は良いが。

『おもひでぽろぽろ』
1991年7月20日公開。
一回見た気がするが全て忘れた。

『紅の豚』
1992年7月18日公開。
ジブリ作品で唯一、今でも心に残っている、立派な映画作品。戦闘機が複葉機ってのもいいし、イタリアが舞台ってのもまたいいじゃないですか。そして森山周一郎氏の渋い声!
きったなくて貧乏ったらしいムサい男の世界が、郷愁を誘う。宮崎駿が大好きなものを目いっぱい詰め込んで、大好きな飛行機をバンバン登場させて、この映画に閉じ込めたんだろう。一番宮崎駿らしい作品かなあ、と思う。
加藤登紀子が歌い、菅野よう子が編曲した「時には昔の話を」がエンディングで流れた時には、本当に泣きそうになった。俺にとってはジブリ唯一、というか宮崎駿監督作品唯一の名作。
最初にテレビで見て、レンタルして、またテレビでやっても見て…と、何回見たかわからない。録画もしたし、サウンドトラックもレンタルした。ジブリ作品でそこまでしたのはこれだけ。

『平成狸合戦ぽんぽこ』
1994年7月16日公開。
題名からして「なめてんのか?」と思ってしまい、見ていない。

『耳をすませば』
1995年7月15日公開。
ジョン・デンバーの名曲「カントリーロード」を雰囲気をガラっとかえて日本語にしてしまったという、とんでもねえ作品。正直いってアレは無い。
しかし、カントリーロードという曲を知ったのはこの映画だったので、その意味ではありがたい。が、この映画での「カントリーロード」を聴いてもなんとも思わなかったのに、ジョン・デンバーの原曲を聴いて感動して泣きそうになったのは事実。原曲の方が歌詞も素晴らしい。
映画の方は?ああ残念、5分ぐらいしか見てない。

『もののけ姫』
1997年7月12日公開。
唯一、映画館で見たジブリ作品。初日の公開日に見た。
これを見に行った当時は、俺はまだ『天空の城ラピュタ』がアニメで一番大好きな頭がファンタジー少年であったので、これもきっとド迫力のバトルと少年少女の物語だろう、と思って見に行ったら、グロくて暗くて、変な頭の痛くなる主題歌が流れて、おまけにやたらと長くて、疲れきって鬱々とした気持ちで映画館から出てきた。もう二度と見たくない。

『ホーホケキョとなりの山田くん』
1999年7月17日公開。
興味なし。

『千と千尋の神隠し』
2001年7月20日公開。
何かと話題になったが、見てない。

『猫の恩返し』
2002年7月20日公開。
見てない。存在すら知らなかった。

『ハウルの動く城』
2004年11月20日公開。
見てない。キムタクが出演して話題になった、ぐらいしか覚えてない。

『ゲド戦記』
2006年7月29日公開。
見てない。あんま売れなかったらしい、という噂は聞いた。

『崖の上のポニョ』
2008年7月19日公開。
まりちゃんズの二人がジブリの主題歌に起用!ということで一部で話題騒然となった映画。それだけ。当然見てない。
映画のタイトルを見て、宮崎駿もとうとう気が狂ったのか?と思ってしまった。おまけにあの能天気な主題歌。トトロ以上に耐えられない。

『借りぐらしのアリエッティ』
2010年7月17日公開。
借りパクぐらしの有り得んティ。見てない。

『コクリコ坂から』
2011年7月16日公開。
見てない。

『風立ちぬ』
2013年7月20日公開。
見てない。でもこれで引退だなんて、困る。紅の豚をやってくれないことにゃあ、監督家業は終われないでしょう?宮崎さん。

『かぐや姫のものがたり』
2013年11月23日公開。
見てない。

『思い出のマーニー』
2014年7月19日より、全国ロードショー。見る気は無い。

というわけで、結局『紅の豚』だけが俺にとってはジブリ唯一の好きな作品である。他は好きじゃないし興味も無いし見たくも無い。
久石譲が好きなので、まあサントラ買ってもいいかな、ぐらいは思うが、俺の好きな久石譲は、北野映画での久石譲である。『ソナチネ』であって『あの夏、いちばん静かな海』であって『HANA-BI』であって『BROTHER』なのである。よってジブリの久石譲はあんまり好きではないが、まあいいんじゃないの?ぐらいなのだ。

Category: アニメ

tb 0 : cm 0