06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

クロスオーバーイレブンOP、ED曲「Sky Love」が収録されたアルバム『FLIGHT INFORMATION』がSHM-CD復刻。 

茂木由多加氏のリーダー作『FLIGHT INFORMATION』が高音質SHM-CDで復刻します。7月19日発売。
これも先の乾裕樹氏の『砂丘』と同様に、ワーナーのJ-FUSION40th Anniversaryという限定復刻企画の中の1枚としてリリースされます。
ワーナーJ-FUSION 40th Anniversary SHM-CD COLLECTION 1300


このアルバムは、ラジオ番組『クロスオーバーイレブン』のOP、EDに使用された「SKY LOVE」の収録されたアルバムです。富山敬さんのナレーション時代のテーマ曲のようで、非常に短い期間だったようです。

↓富山さんナレーションのクロスオーバーイレブンOP


↓同ED


Category: ラジオ

tb 0 : cm 0   

乾裕樹氏、生涯唯一のリーダー作『砂丘』が高音質SHM-CD化で復刻。 

私が長年探し求め、ついにレコードで手に入れた、乾裕樹の生涯唯一のリーダー作品『砂丘』。
それがついに、高音質SHM-CDで復刻します。
発売は7月19日。
ワーナーのJ-FUSION40周年記念企画の第四弾ラインナップに含まれています。1300円という破格のお値段です。
詳しいラインナップはこちら→ワーナーJ-Fusion 40th Anniversary SHM-CD COLLECTION 1300

『砂丘』には、なんと装甲騎兵ボトムズクメン編の劇中曲「JUNGLE RIDE」の原曲が収録されており、ボトムズ野郎には必携のアルバムです。1曲目「SOLAR PLEXUS」というのがそれで、約7分近い大作となっています。
「JUNGLE RIDE」では冒頭のミュートトランペットの響きが印象に残っている方も多いでしょう。そして、ストリングスの華麗な響きとシンプルなドラムワーク、そこにスラップベースがバッシバッシに効いたアレンジとなっていました。
対する「SOLAR PLEXUS」は、乾裕樹のシンセに本多俊之のアルト&ソプラノサックス、そして村上秀一氏のドラムが冴え渡るという、物凄いメンバーによる力作。
徐々に熱を帯びていくサックスソロが素晴らしい名曲なのですが、それだけで終らないのは乾裕樹氏のシンセワークの冴えによるものでしょう。美しいピアノの響きとモコモコしたシンセベースがたまりません。
このアルバム自体がSFの世界観を持っていたせいか、ボトムズの「JUNGLE RIDE」と比較して聴いても全く違和感が無く、むしろ原作に使用されていてもおかしくないような雰囲気です。

それと、タワレコ等ではこのアルバム紹介に「銀河漂流バイファムのTAOが~」なんて書いてありますが、とんでもねえ誤りです。確かにこのアルバムの名義は「乾裕樹&TAO」ですが、バイファムのTAOメンバーは一切関わっていませんので、単にTAOという名前が被っただけです。
何しろ、このアルバムがレコーディングされたのが1979年。バイファムのTAOがデビューするのは1983年でそれより後のことです。
乾裕樹&TAOというのは、このアルバムのみのプロジェクト名だったんでしょう。それ以降、この名義を使用することは無かったようです。

ちなみに『砂丘』に参加しているメンバーは以下。
・乾裕樹(シンセ、ピアノ等)
・本多俊之(アルトサックス、ソプラノサックス)
・村上秀一(ドラム)
・上原裕(ドラム)
・田中章弘(ベース)
・今剛(ギター)
・ペッカー(パーカッション)
・佐藤正美(ギター)
・日色純一(ヴァイオリン)
・白井英治(ヴァイオリン)
・草野玲子(ヴァイオリン)
・前田昌利(チェロ)
・原賀孝(チェロ)
・高山宣(チェロ)

他にシンセプログラミングで松武秀樹氏も参加。四人目のYMOと呼ばれた、国内シンセプログラミングの第一人者ですね。

Category: 装甲騎兵ボトムズ

tb 0 : cm 0   

07/09のツイートまとめ 

sophyinhatfield

赤レンガ倉庫。 https://t.co/9hTiwmYZxt
07-09 02:56

同じ場所をカラーとモノクロで。う~ん、確かにモノクロの方がいいかも。 https://t.co/1KJhbZYmUy
07-09 02:53

ウチのオーナー、やっぱりモノクロが好きみたいです。カラーは下手だからやりたくない、とか言ってます。 https://t.co/VkHTpf2UsI
07-09 02:52

古い映画のワンシーンみたい。 https://t.co/3mQ8ulyV0H
07-09 02:51

モノクロはどこでも絵になるな~。 https://t.co/MK3Csdsf6y
07-09 02:50

電球。ノスタルジーですね~。 https://t.co/XdlOWkhZ2x
07-09 02:49

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

忍者龍剣伝オリジナルサウンドトラックコンプリートコレクション(誤表記情報追加) 

(追記)サントラブックレットに誤表記があることが判明しましたので、掲載しておきます。

該当箇所
(誤)
Disc1
27.STAFF ROLL
28.GAME OVER
29.シネマDISP用サウンドアタック1
30.シネマDISP用サウンドアタック2

(正)
Disc1
27.シネマDISP用サウンドアタック1
28.シネマDISP用サウンドアタック2
29.STAFF ROLL
30.GAME OVER


アマゾンで購入しました。ダウンロード販売もされてます。

CD2枚組みで3500円。発売は海外の会社ブレイブウェーブプロダクション。
忍者龍剣伝シリーズのサントラは過去にテクモからⅠとⅡが発売されましたが、ファミコン実機では削られていたパートを復活させたというオリジナル音源で、純粋にゲーム内で使用された音源そのものを楽しめるものではありませんでした。
元々の音源とはいえ、ゲーム内のBGMを聴きなれているだけにかなり違和感がありますね。容量の都合でパートを削って良かったんじゃないかな、と思ってしまったり。
今回、ようやく実機で使用された音源でサントラが発売されたというわけです。感無量。

収録されている作品は、アーケード版忍者龍剣伝、ファミコン版のシリーズⅠ~Ⅲまで。
スーファミ版の『~巴』や、ゲームボーイ版『忍者龍剣伝 摩天楼決戦』は未収録。まああれもこれもと入れたらキリがないですから、今回はコンパクトにⅠ~Ⅲまで、としたのは良いのかも。スーファミ版はそんなにアレンジかっこ良くなかったし、摩天楼決戦にいたってはナツメ開発ですし、ファミコンのKAGEと同一のBGMが使われていたりしますし。
なので、個人的にはⅠ~Ⅲとおまけでアーケード音源、って感じです。

音質はかなり良好。不備もなく大変満足。
ジャケはファミコンのあのジャケそのまんま!
ブックレットは結構厚めで、作曲者への結構突っ込んだインタビューが満載です。これはかなり貴重なんじゃなかろうか。
忍者龍剣伝シリーズのイラストもちらほら。何に使用されたものかは記載されていません。

短いジングル等も全て入っていますが、効果音トラックが入っているのがシリーズⅠのみ、というのがちょっと残念。どうせならⅡとⅢも入れて欲しかったな~。攻撃するときの声が聞きたかったんだけど。
まあいいか。

アーケード版はプレイしたことないですが、ファミコン版Ⅰ~Ⅲは1日で連続プレイして、シリーズ全てクリアーした実績があります。
しかもⅢから逆を辿って連続プレイです。どんどん難易度が上がっていくっていう(笑)
1が一番難しい上に、名曲揃いですね。当時はスミスさんの顔が怖かったなあ。個人的にはFBIのフォスターと出会う場面の音楽が凄く好きでしたね。
で、最終ボス…ってかボスキャラ全部ですが、回転斬りを持っていれば全て瞬殺可能です。まあそこまで持っていくのが難しいんですけど、空中で攻撃する時に十字キー下を押しながら攻撃すると回転斬りが出なくなるので、それを駆使して最終戦まで持っていきましたね。相当難しいですが、ホント、邪鬼王も瞬殺ですから。当てるのがちょっと大変ですけど。
2はダメージ食らうと吹っ飛びすぎるんで、これが結構やっかいだったなあ。あと、雨降ってるエリアがとにかくやっかい。でも追い風でロングジャンプするの楽しかったな。真っ暗になるエリアは、当時は地形を完全に覚えていたんで真っ暗になっても全然平気でしたね(笑)
今やるには、3が一番ちょうど良い難易度なんじゃないかな。当時としてはかなりヌルかったですが、今やるとやっぱり難しいのかなあ。

などと、聴いていると色々思い出されますね。シネマシーンの曲がとにかく印象的なものが多く、あの場面が思い浮かびます。
プレイした人なら、やっぱりアイキャッチのBGMが最も印象深いですかね。私もそうですけど。
それと、アイリーンがシリーズ追うごとに若くて可愛くなっていったのが一番印象に残ってます(笑)
Ⅰは結構地味めなちょいオバちゃんだったのに…。

初期三部作、リメイクしてくれたら凄く面白そうですけどね。出してくれないかなあ。


Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

夜廻、ホタルノニッキ、ロゼと黄昏の古城プレイ 

steamサマーセールでお安くダウンロード出来たので三作一気に購入。サントラもお安かったのでついでに全部ダウンロード購入しました。
まずは夜廻から。

とはいってもPSVitaで既にプレイしているのでサントラ目当てで購入。そしたら1曲だけでした…。スタッフロールの曲だけです。う~む…これはちょっとなあ。効果音トラックでも入ってるかな、と思ったんですがね。
ゲームの方はとにかく即死。怖さは二の次。即死です。

お次はホタルノニッキ。
こちらはクロックタワーみたいに主人公を誘導していくタイプのゲーム。自分がホタルになって飛び回って、主人公をこっちおいでと誘導していくゲームです。
が!
即死です。またかよ!!
ゲームが進むと、画面を切り替えて影の中を移動出来るようになるんですけど、これが結構やっかいです。光が当たっている所は移動出来ないので、ちょうどいいタイミングで画面を切り替えないと、移動範囲がかなり狭くなってしまいます。
例えば、巨大な敵が迫ってくる場面でのこと。巨大な敵にも影がついていて、これと背景の影がちょうど重なる瞬間を狙って画面を切り替えないと作動出来ない仕掛けがあったりします。
仕掛けがある場所がわかっているのに、影が無いために移動出来ない!という事態になります。で、即死。
結構タイミング命な場面もあるので、イライラするかも。私はかつてのファミコン戦士なので全然平気ですけど。
もう1つ重要なのが、電流イライラ棒ステージ。
ホタルを操作して狭い通路を進んでいく場面があるのですが、壁に触れたら即死です。これがかなりやっかい。
ホタルがふよふよした操作性なので、なかなかキビキビ動いてくれないんです。なので即死率がいきなり跳ね上がります。アクション操作苦手な人はここで折れるかも?
音楽は非常に物静かで、アンビエントというかエレクトロニカというか、そんな感じ。影ノ塔とか好きなら良い感じかも?

お次はロゼと黄昏の古城。
こちらは自分が操作するタイプで、主人公と途中で出会う巨人と操作を切り替えながら攻略していきます。
こちらの方がちょっとグロテスクですね。主人公が何度も処刑されますし。ギロチンでガタン!となって血が流れて仕掛けが作動して…という場面もあるので。ただまあそこまで直接的に描かれているわけではないですけど、なんかイヤ~ンな感じです。
で、もちろん即死場面もたくさん。敵に触れたら即死は当たり前。でもまあそんなにストレスでも無いかな。
音楽の方は、静謐なストリングス系音楽。やっぱり静か~なアンビエント系音楽です。生演奏ではないですが、生っぽい良い音を使ってるのでクオリティはなかなかのものです。


これらの三作品で即死しまくりでイライラするのはダントツで夜廻。めんどくせ~!となる場面がかなり多いです。というかそれしかないので。
でもまあどの作品も世界観はとても良いので私は好きですけど、万人にオススメ出来るゲームかというと、う~ん…。この世界観が好きになれないと、クソゲーじゃんと一言で投げ出されておしまいになる可能性が高いです。
音楽面も、そうメロディ押しの音楽ではないので、やっぱり好き嫌いあるかと。
公式サイト等で世界観が良いなと思ったらプレイしてみては、という薦め方しか出来ませんね、このタイプは。

ってか夜廻、深夜廻、ホタルノニッキ、ロゼと、全てまとめたサントラが出てくれたら一番良いんですけどね。個別じゃなくて。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

探偵神宮時三郎 横浜港連続殺人事件に出てきたバーフィヨルドの元ネタはここか!? 

何年か前にも横浜を訪れて神宮寺名所巡りをしましたが、今年ついにバーフィヨルドの元ネタと思われるバーに行ってきました!!
それがこちら、元町中華街の外れの方にある老舗のバー、ノルゲです。
ツイッターでウチのソフィが早々にアップしてましたが、こちらでは実際に訪れた私がもうちょっと詳しく書いておきます。

バーNORGE web小

お店のホームページはこちら→バーノルゲ

その昔から外国の船乗りたちが多く立ち寄っていた老舗のバーのようで、オーナーはノルウェーの方だったそうです。
今は奥さんが店を引き継いでいるようです。
私が入った時は日本人の若い男性のバーテンダーが2人ほどおりまして、バリバリ日本語通じますのでご安心を。

横浜港連続殺人事件でも、フィヨルドのマスターはノルウェー人で日本語が通じませんでしたよね?
そして店内のレイアウトですが、ファミコン画面を思い出しながら店内を見回すと、とてもよく似通っていました。
まあバーカウンターのレイアウトってどこも大体は似ていますけど…。
お店のホームページに店内の様子が掲載されているので、ぜひご覧下さい。

しかしながら、その昔ノルウェー人がやっていたバーで、日之出さんのデートコースである中華街からもすぐ近いですから、おそらくバーフィヨルドの元ネタはここで間違い無いかと。
周辺にもバーは何軒もありましたが、ノルウェー風バーはここだけですし。

ということで、当然アクアビットを注文。ですが、アクアビットってそもそも何?というレベルですので、アクアビットマティーニというカクテルを注文することにしました。

↓こちらがアクアビットマティーニ。左下にはもちろんマルボロ!!そして私の宝物、神宮寺ジッポ!!
アクアビットマティーニ web小


後で調べたら、アクアビットというのはジャガイモを原料としたウィスキーだそうです。それをベースにしたマティーニがアクアビットマティーニ。
マティーニというのはジンをベースにしてベルモットを入れて作るカクテルですから、アクアビットマティーニはアクアビットをベースにしてベルモットを入れたカクテル、ということだろうと思います。飲んでもわからんかった(笑)
いやあしかし、とにかく強烈!!お味はとっても爽やかです。
仕上げにレモンの皮を絞ってグラスの飲み口周辺にさらっと吹き付けていましたけど、それが凄く良い香りのアクセントになっていて、飲んだ瞬間は凄く爽やかなのですが、いやいやとんでもない!!
すっごい効きます。お酒弱い人は、これ一杯飲めるかどうか…。
まあウィスキーをストレートで飲んでるようなもんなので。何しろウィスキーをベルモット(白ワイン)で割ってるわけですから、アルコール度数が低くなるわけがない(笑)むしろガンガン上昇です。やばいです。
しかしながら、とにかくおいしい!!アクアビットがなんというか独特の風味がありますね。ウィスキーと言ったら私は山崎十年とか白州とか竹鶴とか、日本のものしか飲んだことがなかったので、これは新鮮に感じました。
飲みやすいです。が、効きます。他にも色々飲みたかったんですが、これ一杯でもうダウン気味に(笑)

扉が開け放たれていて、とても開放的なバーでしたね。よくある扉締めっきりで、入っていいものやらどうしたもんやら…と、初心者お断りな雰囲気は一切ありませんでした。誰でもちょいと気軽に立ち寄れる雰囲気です。
それとこれが重要ですが、お通し無しです。テーブルチャージも無し!
普通のバーに行くとこれで結構な額取られるんですけど、ここは酒代のみ!!この気軽さが良いですねえ。こういうバーがウチの近くにもあったら良かったのになあ…。
音楽もオールディーズ・ロックが流れていてまさに横浜に来た~!という雰囲気ですし。すごく良いお店です。また横浜を訪れたら必ず行きます。
近場にあったら絶対通ってますね。超オススメバーです。

Category: 探偵神宮寺三郎

tb 0 : cm 0